じゃす (Dr./Vo.) 脱退のお知らせ

 

 

日頃よりFEEDWITを応援して頂き誠に有り難う御座います。

 

2020年2月28日(金)『FEEDWIT 主催 かさはまやらわ2020 大阪公演』をもちまして、じゃす(Dr./Vo.)が脱退する事になりました。

 

急なご報告になってしまった事を深くお詫び申し上げます。

 

本人より音楽以外の道に進みたいという理由から脱退の申し入れがあり、本人、メンバー・スタッフ共に話し合いまして彼女本人の意志、これからの人生を尊重し受け入れた結果として発表させて頂きました。

 

FEEDWITを応援してくださっている皆様に、現体制での音楽をお届けできるのは、2月28日の大阪公演までとなっております。

 

残り少ない公演数となっておりますが是非少しでも会場に足を運んでいただければ大変嬉しく思います。

 

以下、本人、メンバー共にコメントが御座いますのでお読み頂ければ幸いです。

 

 

< Dr./Vo. じゃす >

 

私FEEDWITのDr./Vo.じゃすは

2月28日の自主公演をもちましてFEEDWITを脱退致します。

 

理由と致しましては、

自分の中で音楽以外の道に進みたいという思いが強くなり、バンドのこれからと自分自身の人生を考えた結果、このタイミングでの脱退を申し出ました。

 

今まで切磋琢磨して、一緒に活動してきましたメンバー

そして応援してくれている皆様をはじめ、スタッフの方々、今まで出会った人達が大好きで音楽を続けることができました。

 

バンドを始めてから約8年間様々な出会いがあって、ドラマーとしてだけでなく人間としても成長させてもらいました。

今まで本当にありがとうございました。

 

2月28日のFEEDWITの自主公演まで私らしく精一杯ドラムボーカルを務めさせて頂きますので、最後まで宜しくお願い致します。

そして、これからも成長し続けて行く私の大好きなFEEDWITというバンドをどうか宜しくお願い致します。

 

 

< Gt./Vo. 武藤弘樹 >

 

 理由はどうあれ、このようなお知らせをすることになってしまい申し訳ありません。少しでも多くの方にじゃすの門出を祝っていただけるよう、この4人でのFEEDWIT、最後まで変わらず楽しくやらせていただきます。

 じゃすが一緒に築いてきてくれたFEEDWITはこれからもでっかくしていきます。変わりはしますが、今支えてくれている皆に変わらず応援してもらえるよう、精進していきます。これからもFEEDWITをよろしくお願いします。

 

 

< Gt./Vo.  ムラタダイチ >

 

この4人でのFEEDWITの活躍を期待して応援して下さっていた皆様へ。

期待を裏切ってしまい、本当にごめんなさい。

悲しいお知らせをすることになってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

幼馴染として、バンドメンバーとして、

かなり長い時間を共に過ごしてきたので

とても寂しくなりますが、大きな決断をした彼女を出来る限り応援してあげたいと思っています。

 

形は今までと少し変わってしまいますが、

僕たちは変わらず皆様に音楽を届けていきます。

これからも応援よろしくお願いします。

 

 

< Ba. かつ >

 

この度は急な発表となり申し訳ありません。

 

本人から脱退の申し入れがあった際は正直驚きましたが、じゃすの人生を尊重すべく脱退を受け入れました。

 

FEEDWITを応援してくださっているみなさま、FEEDWITに関わってくださっている関係者のみなさま、今後もFEEDWITはメンバー3人で精力的に活動していきますので、引き続き応援よろしくお願い致します。